女性内科・再生医療・更年期障害・ピル処方・電話オンライン診療

adsc

〒150-0001東京都渋谷区神宮前3-39-5 Qiz AOYAMA 2

お問い合わせ03−6432−9385

脂肪由来幹細胞治療 adsc

脂肪由来幹細胞を用いた治療

『加齢性皮膚変化に対する自家脂肪由来幹細胞の皮下注入』、『放射線性皮膚炎に対する自家脂肪由来幹細胞の塗布治療』、『身体の加齢性変化(フレイルおよびプレフレイル)に対する自家脂肪由来幹細胞の静脈投与』は、いずれも再生医療第2種となります。

脂肪由来幹細胞を用いた治療の中で、日本で初めての『放射線性皮膚炎』(2020年8月時点)『フレイルおよびプレフレイル』に対する再生医療計画番号の受理となります(2020年9月時点)に対する再生医療計画番号の受理となります。

治療に際して、『再生医療等の安全性の確保等に関する法律 (平成26年11月25日施行)』を遵守して、細胞投与を行います。

 

再生医療計画番号:PB3200083(受理年月日2020年8月24日)『放射線性皮膚炎に対する自家脂肪由来幹細胞の塗布治療』

再生医療計画番号:PB3200056(受理年月日2020年7月20日)『加齢性皮膚変化に対する自家脂肪由来幹細胞の皮下注入』

再生医療計画番号:PB3200087(受理年月日2020年9月14日)『身体の加齢性変化(フレイルおよびプレフレイル)に対する自家脂肪由来幹細胞の静脈投与』

関連ページ

厚生労働省第二種再生医療等治療に関する提供計画一覧

 

 

脂肪由来幹細胞とは

幹細胞とは、ダメージを受けた体を修復するために新しい細胞を補う力をもった細胞のことをいいます。

つまり、体のメンテナンスをしてくれるような働きをもっています。

幹細胞は、脂肪や骨髄、歯髄、臍帯といった体のさまざまな部分に存在することが知られています。

この治療では、幹細胞を増やす原料として脂肪由来の幹細胞が多く含まれているご自分の皮下脂肪を使います。これを脂肪由来幹細胞と呼びます。

脂肪由来幹細胞のさまざまな皮膚疾患への局所投与は複数のクリニックで行われており、 一定の効果は期待できますが、すべての患者様に同じ効果や期待される効果が出るとは限りません。

治療に際して十分なご説明をさせて頂いておりますので、治療に入る前に医師と必ず細かく相談して頂くことが必要です。

細胞培養に関して

患者様の大切な細胞は、院内に併設された細胞培養加工施設で培養していきます。

細胞培養加工施設のことを、Cell Processing Center、略してCPCと呼びます。

 

加齢性皮膚変化への治療

脂肪由来幹細胞は動物実験でもシミやしわ等を改善・予防する報告が得られています。

当院では、他の治療では効果を出すことが難しいとお考えの患者様を対象として、患者様本人の脂肪から採取、培養した脂肪由来幹細胞を培養し、加齢による変化が気になる皮膚に直接投与します。

このような状態の患者様へ

  • シミ
  • くすみ
  • シワ
  • たるみ
  • 加齢性皮膚変化

費用

直接お問い合わせください。

投与方法

皮下注入

※ 麻酔クリームや麻酔テープを使用します。

細胞の採取に関して

局所麻酔を行って、通常は太もも付近から少量の皮下脂肪を採取します。

考えられる副作用やリスク

  • 細胞採取部位の感染
  • 注射部位の痛み
  • 注射部位の腫れや内出血

放射線性皮膚炎への治療

放射線治療に伴う有害事象の 1 つとして知られる放射線性皮膚炎は皮膚の赤みや痒み、ひりつき、乾燥、湿疹、潰瘍、萎縮、色素沈着等の皮膚症状を起こすことで知られており、それが QOL:Quality Of Life『生活の質』を落としてしまうことがあります。

この治療では、症状の改善が見込める可能性があると判断した場合、患者様本人の脂肪から採取した細胞を培養し放射線性皮膚炎を認める部分に塗布します。

これにより、皮膚の赤みやひりつき、かゆみ・乾燥・湿疹・潰瘍・萎縮・色素沈着といった皮膚症状の改善ができる可能性があります。

このような状態の患者様へ

  • 放射線性皮膚炎
  • 全身状態が比較的良好の方

治療をお受け頂けない場合

  • 塗布予定部分の皮膚に浸潤性あるいは転移性や原発性のがんがある場合等

費用

直接お問い合わせください。

投与方法

塗布治療

週に1回、計4回の繰り返し治療になります。

細胞の採取に関して

局所麻酔を行って、通常は太もも付近から少量の皮下脂肪を採取します。

考えられる副作用やリスク

  • 細胞採取部位の感染
  • 皮膚の発赤

身体の加齢性変化(フレイルおよびプレフレイル)への治療

フレイルとは,加齢に伴う様々な機能変化や予備能力低下によって健康障害に対する脆弱性が増加した状態と理解されています。フレイルという考え方には、身体的問題のみならず、認知機能障害やうつなどの精神および心理的な側面も含まれています。 また、プレフレイルとは、健常な状態からフレイルとなる前段階の状態として知られています。

この治療は、患者様本人の脂肪から採取した細胞を培養し静脈投与することによって、身体の加齢性変化(フレイルおよびプレフレイル)による身体能力の低下やストレスによる影響を受けやすくなっている状態等のさまざまな程度の身体症状が改善することを目的とした治療です。

このような状態の患者様へ

  • フレイル
  • プレフレイル

費用

直接お問い合わせください。

投与方法

静脈投与

細胞の採取に関して

局所麻酔を行って、通常は太もも付近から少量の皮下脂肪を採取します。

考えられる副作用やリスク

  • 刺入部の痛み
  • アレルギー症状
  • 肺塞栓症

各治療に際して

治療に関して『再生医療等の安全性の確保等に関する法律 (平成26年 11月25日施行)』を遵守して行うため、上記を含めた細かな条件を満たした方が対象となります。

医師の診察によって治療の適応を判断させて頂きます。

 

神宮外苑Woman Life Clinic

150-0001
東京都渋谷区神宮前3-39-5 Qiz AOYAMA 2F

  • 銀座線「外苑前駅」3番出口より徒歩5分。

  • お問い合わせ03-6432-9385


    ※ご予約のない方はお待たせしてしまう場合もございます

    【診療費用のお支払いに関して】
    保険診療は現金のお取り扱いのみとなります。
    自費診療についてはクレジットカードでのお支払いをご利用頂けます。

    【当院での診療体制について】
    当院での診療は、女性医師と女性スタッフによる診療体制を整えております。
診療時間
-
-
【休診日 : 水曜日・日曜日・祝日】

… 土曜日午前診療9:30〜13:30まで

Translate »