完全予約制 女性内科・再生医療・更年期障害・ピル処方

shingrix

〒150-0001東京都渋谷区神宮前3-39-5 Qiz AOYAMA 2

お問い合わせ03−6432−9385

帯状疱疹ワクチン shingrix

帯状疱疹とは

疲れや免疫の低下がきっかけで、神経に潜んでいた水痘・帯状疱疹ウイルスが活性化することで皮膚に発症する病気です。

通常はお体の左右どちらか一方に出るのが特徴です。

痛みを伴う皮膚症状が3週間ほど継続します。
ピリピリ、チクチク、ズキズキといった神経痛が出て、1週間程度で痛みがある部分に赤い斑点が見られるようになります。

その後赤い斑点内に水ぶくれができ、水ぶくれが破れて、ただれた状態になり、かさぶたになって症状がおさまる、という経過をたどります。
皮膚の症状が治った後も、痛みが続くことがあります。
顔や目、頭などにも症状が出る場合もあります。

原因

加齢などによる免疫力の低下が発症の原因です。

疲労やストレなども発症のきっかけになります。また、糖尿病やがん等の免疫力が低下する病気が原因になることもあります。

50歳代から発症率が高くなり、約3人に1人が80歳までに帯状疱疹を発症するといわれています。

帯状疱疹ワクチンの種類

50歳をすぎたら性別を問わずに、任意で帯状疱疹の予防接種を受けることができます。

当院では、予防効果が高いことから、シングリックス接種を行っております。

帯状疱疹に罹らない為に日頃から体調管理を行い、免疫力が低下しないようにすることが大切です。

 

種類 ビケン シングリックス
特徴 弱毒化生ワクチン 不活化ワクチン
効果

発症予防50%

帯状疱疹後神経痛30%軽減

発症予防97%

帯状疱疹後神経痛88%軽減

接種回数 1回 2回
価格 約8000円程度 22000円(税込)
副反応

注射部分の痛み・腫れ

倦怠感等

症状は3日~1週間以内

注射部分の痛み・腫れ・倦怠感・頭痛等

シングリックスの方がやや副反応強い

症状は3日〜1週間以内

持続期間 5年程度 約10年
利点

価格が安い

副反応が少ない

高い効果
欠点 予防効果はシングリックスに比べると劣る 2回接種する必要がある
注射部分の腫れが強い

シングリックスⓇ

50歳以上の方が適応となります。

過去に帯状疱疹に罹ったことがある方でも接種可能です。


接種回数

2回

1回目の2ー6カ月で2回目を接種

予防効果

97%


持続期間

約10年


費用

1回あたり 22,000円(税込み)

※保険適応外となります。

 

注意点
接種後、30分は体調の変化がないか観察する為、院内で待機していただきます。

 

副作用

接種部位の痛み、腫れ・発赤 

3日ー1週間以内で消失します。

 

女性に関連したワクチン

神宮外苑Woman Life Clinic

150-0001
東京都渋谷区神宮前3-39-5 Qiz AOYAMA 2F

  • 銀座線「外苑前駅」3番出口より徒歩5分。

  • お問い合わせ03-6432-9385


    ※完全予約制とさせて頂いております。

    【診療費用のお支払いに関して】
    保険診療は現金のお取り扱いのみとなります。
    自費診療についてはクレジットカードでのお支払いをご利用頂けます。

    【当院での診療体制について】
    ・完全予約制とさせて頂いております。
    ・女性医師と女性スタッフによる対応予約が可能です。ご予約時にお申し出ください。
診療時間
-
-
【休診日 : 水曜日・日曜日・祝日】

… 土曜日午前診療9:30〜13:30まで

Translate »