完全予約制 女性内科・再生医療・更年期障害・ピル処方

regenerative

〒150-0001東京都渋谷区神宮前3-39-5 Qiz AOYAMA 2

お問い合わせ03−6432−9385

再生医療一覧 regenerative

当院の方針

当院では、『再生医療等の安全性の確保等に関する法律 』を遵守して治療をご提供しています。

再生医療は、一般的な保険外診療とは異なり、法律に基づく規制のもとで行われています。

治療に関して細かな条件を満たした方が対象となりますので、ご希望の方はご予約またはクリニックまでお問合せください。

 

当院の特徴

  • 日本再生医療学会の認定する上級臨床培養士と再生医療認定医の在籍する施設です。
  • 当院では、再生医療等安全性確保法に基づいた厚生労働省届出済みの細胞培養加工施設をクリニック内に備えております。
  • 高い清浄度を保持した院内設備で皆様の細胞を取り扱い、培養を外部委託にしないことで輸送による品質劣化のリスクがございません。
  • 治療計画、治療効果、治療のリスクなどの丁寧なインフォームドコンセントのもとに、患者様にご納得して治療を受けて頂ける診療スタイルを大切にしています。
  • 治療をお受けいただいた後のアフターフォローの診察を院内徹底しております。

 

細胞培養と安全性に関して

当院では安全に細胞を培養するため、院内に併設している高い清浄度を保つ細胞培養加工施設を有しており、無血清培地を使用して細胞を培養しています。

培地とは、細胞が育つために必要不可欠な栄養分です。すなわち培地とは、細胞にとっての食事のような存在です。

無血清培地とは、動物由来の血清を含まない培地の事です。

一般的には血清を添加する事で細胞の育ちが良くなりますが、ご自分以外の血清の場合には、その血清の中に病原体が紛れ込んでいる可能性があり病原体感染のリスクがゼロではありません。また、ご自身以外の何かが身体に入ることで起きる免疫反応(拒絶反応)もあり、これらを回避する事で安全性を担保しています。

また当院では、現在ご病気に罹っているか、感染症の恐れはないかなどをチェックし、副作用やアレルギーが出ないようにするための細心の注意を払っています。

 

当院の細胞培養加工施設

 

細胞培養加工施設とは、空気清浄度を管理しながら細胞培養ができる施設のことです。

当院では、『再生医療等安全性確保法』に対応した細胞培養加工施設を、クリニック内に備えております。 また、当院の細胞培養加工施設は、バイオクリーン設計し、PMDA規格もクリアしております。(細胞培養加工施設の施設番号:FC3200005)

 

治療費(日本国内在住)

幹細胞の場合

1回あたりの細胞数 約3000万個
採血・検査 3万円
細胞採取 3万円
初期培養 54万円
後期培養 25万円
細胞投与 5万円
2回目・3回目:細胞培養・投与 45万円

1回:90万円(税込99万)

3回:180万円(税込198万)

 

※海外在住の方は、費用が異なります。クリニックまでお問合せください。

PRPの場合

1回あたり 15万円(税込16万5千円)

ご予約に関して

お電話でのご予約をお願いします。

当院では、ご本人様確認のためにも保険証の提示をお願いしております。

『再生医療等の安全性の確保等に関する法律 (平成26年 11月25日施行)』を遵守して行うため、各再生医療に関しては細かな条件を満たした方が対象となりますので、詳細はお問い合わせください。

 

関連ページ

日本再生医療学会

厚生労働省第二種再生医療等治療に関する提供計画一覧

厚生労働省第三種再生医療等治療に関する提供計画一覧

厚生労働省 再生医療について

神宮外苑Woman Life Clinic

150-0001
東京都渋谷区神宮前3-39-5 Qiz AOYAMA 2F

  • 銀座線「外苑前駅」3番出口より徒歩5分。

  • お問い合わせ03-6432-9385


    ※完全予約制とさせて頂いております。

    【診療費用のお支払いに関して】
    保険診療は現金のお取り扱いのみとなります。
    自費診療についてはクレジットカードでのお支払いをご利用頂けます。

    【当院での診療体制について】
    ・完全予約制とさせて頂いております。
    ・女性医師と女性スタッフによる対応予約が可能です。ご予約時にお申し出ください。
診療時間
-
-
【休診日 : 水曜日・日曜日・祝日】

… 土曜日午前診療9:30〜13:30まで

Translate »