女性内科・再生医療・更年期障害・ピル処方・電話オンライン診療

regenerative

〒150-0001東京都渋谷区神宮前3-39-5 Qiz AOYAMA 2

お問い合わせ03−6432−9385

再生医療(第2種および第3種) regenerative

当院では、『再生医療等の安全性の確保等に関する法律 』を遵守して治療をご提供しています。

再生医療は、一般的な保険外診療とは異なり、法律に基づく規制のもとで行われています。

治療に関して細かな条件を満たした方が対象となりますので、別途クリニックまでお問合せください。

当院では、再生医療等安全性確保法に基づいた厚生労働省届出済みの細胞培養加工施設をクリニック内に備えております。外部に委託しないことでみなさまの細胞の状態をこまかく把握させていただけます。

 

細胞培養加工施設の施設番号:FC3200005 (受理年月日2020年4月6日)

院内に併設された細胞培養加工施設

 

再生医療計画番号:PB3200087(受理年月日2020年9月14日)

『身体の加齢性変化(フレイルおよびプレフレイル)に対する自家脂肪由来幹細胞の静脈投与』

 

再生医療計画番号:PB3200082(受理年月日2020年8月24日)
『卵巣機能低下に対する自家月経血由来幹細胞の静脈投与』

 

再生医療計画番号:PB3200083(受理年月日2020年8月24日)
『放射線性皮膚炎に対する自家脂肪由来幹細胞の塗布治療』

 

再生医療計画番号:PB3200056(受理年月日2020年7月20日)
『加齢性皮膚変化に対する自家脂肪由来幹細胞の皮下注入』

 

再生医療計画番号:PC3200078(受理年月日2020年6月18日) 

『自家多血小板血漿(Platelet Rich Plasma)を利用した顔面及びその周辺の、頭部、首、体部の領域における軟組織の再生医療』

当院の細胞培養加工施設に関して

皆様の大切な細胞を院内に併設した細胞培養加工施設で培養いたします。

細胞培養加工施設とは、空気清浄度を管理しながら細胞培養ができる施設のことです。

通常クリニック併設型の細胞培養加工施設はクラス10,000ですが、当院の細胞培養加工施設は1つ上のクラス1,000という基準でより清浄度を高く保っています。
また細胞培養加工施設内で細胞を扱う場合は、安全キャビネットというクラス100の清浄度を保てる機械内で行います。
(クラス100は成層圏上層以上:クラス1,000は雲の上;クラス10,000は富士山山頂付近)
当院では、『再生医療等安全性確保法』に対応した細胞培養加工施設を、クリニック内に備えております。
細胞培養加工施設 施設の施設番号:FC3200005 (受理年月日2020年4月6日)
また、当院の細胞培養加工施設は、バイオクリーン設計し、PMDA規格もクリアしております。

 

 

施工会社連絡先: 株式会社プリートアイ PULITOI

関連ページ

厚生労働省第二種再生医療等治療に関する提供計画一覧

厚生労働省第三種再生医療等治療に関する提供計画一覧

神宮外苑Woman Life Clinic

150-0001
東京都渋谷区神宮前3-39-5 Qiz AOYAMA 2F

  • 銀座線「外苑前駅」3番出口より徒歩5分。

  • お問い合わせ03-6432-9385


    ※ご予約のない方はお待たせしてしまう場合もございます

    【診療費用のお支払いに関して】
    保険診療は現金のお取り扱いのみとなります。
    自費診療についてはクレジットカードでのお支払いをご利用頂けます。

    【当院での診療体制について】
    当院での診療は、女性医師と女性スタッフによる診療体制を整えております。
診療時間
-
-
【休診日 : 水曜日・日曜日・祝日】

… 土曜日午前診療9:30〜13:30まで

Translate »