女性内科・再生医療・更年期障害・ピル処方

josei

〒150-0001東京都渋谷区神宮前3-39-5 Qiz AOYAMA 2

お問い合わせ03−6432−9385

女性内科・頸がんワクチン josei

女性内科とは

女性内科というとなじみがないと思われる患者様もいらっしゃると思います。

当院における女性内科のなかには下記のような大きな3つの柱があると思います。

当院の女性内科診療

  • 内科としての、生活習慣病の診療
  • 更年期障害の診療
  • 婦人科診療としての子宮頸がん検診、婦人科腫瘍マーカー検査

女性のからだはライフイベントに伴う女性ホルモンの影響によって大きく変動することが知られています。たとえば、生活習慣病として知られる高血圧・糖尿病・脂質異常症や肥満症なども女性ホルモンと大きく関係があります。

女性ホルモンと内科的な変化は切り離せるものではなく、『女性』という存在に起こりうる様々な変化をトータルで考えて、医学的な観点からお役に立てる診療のご提案をしていくことが当クリニックです。

患者様ご自身が些細と感じるお悩みの中にも診療に大切なヒントが隠されていることもあります。

女性だけのクリニックで、リラックスしてお話しいただける環境づくりを心がけておりますので、皆様の大切なお体にお悩みのあるかたは気楽にご相談ください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: joseinaika_figure-1024x576.jpg

頸がんワクチン(頸がん予防)

当院では2つの子宮頸がんワクチンを取り扱っております。2価ワクチンに関してはお取り扱いしておりません。

ご希望の方は、事前に必ずお電話でのご予約をお願いいたします。

種類と費用

  • シルガード9 (9価ワクチン)

   1回 36,000円(税込価格39,600円)

  • ガーダシル   (4価ワクチン)

   1回 18,000円(税込価格19,800円)

 ※ガーダシルのみ、公費対象者は無料です。

接種回数と方法

  • シルガード9とガーダシルのいずれも、全3回接種(初回・2か月後・6か月後)
  • 筋肉注射

HPVワクチンの特徴

  • シルガード9(9つのHPV型への予防効果)

 HPV16・18・31・33・45・52・58型(7つの高リスクHPV)およびHPV6・11型(2つの低リスク型)

海外ではシルガード9はガーダシル9と呼ばれています。

 

  • ガーダシル(4つのHPV型への予防効果)

HPV16・18型(2つの高リスクHPV)およびHPV6・11型(2つの低リスク型)

※ガーダシルに関しては、尖圭コンジローマや肛門がんへの予防を目的に9歳以上の男性への任意接種も可能です。

関連ページ

更年期障害

内科・生活習慣病

婦人科

子宮頸がん予防情報サイト「もっと守ろう」

神宮外苑Woman Life Clinic

150-0001
東京都渋谷区神宮前3-39-5 Qiz AOYAMA 2F

  • 銀座線「外苑前駅」3番出口より徒歩5分。

  • お問い合わせ03-6432-9385


    ※ご予約のない方はお待たせしてしまう場合もございます

    【診療費用のお支払いに関して】
    保険診療は現金のお取り扱いのみとなります。
    自費診療についてはクレジットカードでのお支払いをご利用頂けます。

    【当院での診療体制について】
    当院での診療は、女性医師と女性スタッフによる診療体制を整えております。
診療時間
-
-
【休診日 : 水曜日・日曜日・祝日】

… 土曜日午前診療9:30〜13:30まで

Translate »