完全予約制 女性内科・再生医療・更年期障害・ピル処方

allergy-acne

〒150-0001東京都渋谷区神宮前3-39-5 Qiz AOYAMA 2

お問い合わせ03−6432−9385

花粉症注射・ニキビ外来 allergy-acne

ヒスタグロビン®注射

アレルギーを治療するお薬です。気管支喘息、アレルギー性鼻炎、じんましん、慢性湿疹、アトピー性皮膚炎に有効です。
ヒト免疫グロブリンは国内献血血液から製造されています。

ヒスタグロビンの作用

アレルギー体質を改善して症状を改善するための注射です。

  • 好酸球の浸潤を抑え、アレルギー症状の悪化や慢性化を抑えます。
  • ヒスタミンの放出を抑え、くしゃみ、鼻水、かゆみ、むくみなどのアレルギー症状を改善します。
  • ヒスタミンに対する抵抗力を与えます。

治療費用(保険適用)

ヒスタグロビン+ノイロトロピン

再診 3割負担の患者様で1回あたり800円程度です。

 

治療に関して

週1、2回程度の頻度で6回が目安です。

ヒスタグロビン注射をお考えの方は、花粉症シーズンが始まる1カ月前に始めることをおすすめしています。

効果には個人差がありますが、3、4か月間アレルギー反応を抑えることが期待できます。

また、当院ではアレルギー諸症状の鎮静化に効果的なノイロトロピン注射も併せて行っています。

ヒスタグロビン注射とノイロトロピン注射との相乗効果が期待されています。

 

期待される改善内容

アトピー性皮膚炎

アレルギー性鼻炎
アレルギー性皮膚疾患
気管支喘息
血管運動性鼻炎
蕁麻疹
慢性湿疹


考えられる副作用やリスク

主な副作用は、注射部位の反応です。

注射した場所が赤くなったり、腫れたりする症状が出るかもしれません。

 

お悩みの患者様へ

子供のころには大丈夫だったけれど、大人になったら症状が出始めたという方はいらっしゃると思います。ちなみに、診療させて頂く私もそうです。けっこうなアレルギー体質です。 ヒスタグロビン®も良い方法の1つと思いますし、他にも、保険診療で対応できる新しい抗ヒスタミン治療薬も出ています。

おつらいとは思いますが、一緒に考えて上手に対策していきましょう。

花粉と新型コロナ感染の違い

花粉症でも鼻づまりによって匂いを感じにくくなったりすることがありますが、新型コロナウイルス感染症では、鼻づまりがなくても嗅覚障害が発生すると言われています。 また、花粉症に比べて倦怠感や発熱が目立ちやすいとも言われています。

症状が似ていてご心配な方は、PCR検査を受けられて判別を行うことをおすすめいたします。当院では、NEAR法(等温核酸増幅法)を用いた迅速なウイルス遺伝子検査にご対応可能です。約15分で結果が分かります。

換気に関しては、日常生活では部屋の空気の入れかえも大切ですから、花粉が飛びにくい夜に換気するなどの工夫も良いかもしれません。

花粉症治療を今までなさらなかった方でも、今年は治療をしてくしゃみなどの症状を落ち着けたいところですよね。

花粉ニキビ

子供のころには大丈夫だったけれど、大人になったら花粉による症状が出始めたという方はいらっしゃると思います。ちなみに、診療させて頂く私もそうです。けっこうなアレルギー体質です。マスクは花粉対策でも大切ですが、炎症がおきて弱った皮膚はさらに敏感になり、ニキビも出来やすくなります。

一緒に上手に対策していきましょう。

『肌のかゆみや赤み』『ニキビまで出てきた』

『かぶれやすい』『肌荒れなの?』『とにかくかゆい』

『つらい鼻水』『目のかゆみ』『くしゃみは困る』

かゆみの原因はアレルギーだけではないかもしれません。ストレスによる女性ホルモン値の低下や皮膚の乾燥も大きく関係する場合もあります。

かゆみが出ないようにするためにも症状をしっかりコントロールしながら、誘因も探っていきましょう。

下着かぶれなどでデリケートゾーンにかゆみが出ることもあります。女性医師が診察しますので、気兼ねなくお話ください。

オンライン診療にも対応しています。

大人ニキビ

ニキビは本当に厄介ですよね。

『恥ずかしい』『隠したいけど隠れない』

『早く治したいのに、なかなか治らない』

『しこりになってしまった』

つらいですよね。悩みのお気持ち、よくわかります。

思春期のニキビは額や鼻筋など皮脂の分泌がさかんな部位に多くみられますが、大人ニキビは頬やあご、首などのフェイスラインにできやすいのが大きな特徴として知られています。

大人ニキビの原因はホルモンバランスの乱れ、ストレスや生活環境が原因と言われていて、ストレスや睡眠不足はニキビの敵です。

ニキビは毛穴から皮脂の分泌が増え、皮脂が毛穴に詰まりアクネ菌などの菌が白ニキビに感染し、ニキビが腫れて痛みを伴うようになります。赤ニキビが悪化すると膿をもったニキビになり、最終的にはニキビ跡となってしまいます。

大人になるとニキビ跡も治りにくく、発生する原因が複雑で、ライフスタイルにも深く関係していると考えられています。

症状を繰り返すことが少なくありません。

また、無意識にニキビをさわって跡が残ってしまうケースもよくみられます。

当院での大人ニキビ治療

  • 炎症の強い時期には抗菌剤外用と内服で化膿を改善していきましょう。早期に改善して耐性菌の発生を防ぎましょう。
  • 各薬剤の特徴と皆様の皮膚の状態や赤みの出やすさなどをご相談しながらどのお薬で治療するかを相談していきましょう。
  • 保湿はしっかり行い、漢方薬の力をかりて、肌の力を高めていきましょう。
  • プラズマシャワーを用いてアクネ菌を殺菌し肌を清浄に綺麗に保つのも良いですね。
  • ニキビ跡になったしまった肌の状態には幹細胞培養上清による治療も向いています。抗炎症作用もあります。

神宮外苑Woman Life Clinic

150-0001
東京都渋谷区神宮前3-39-5 Qiz AOYAMA 2F

  • 銀座線「外苑前駅」3番出口より徒歩5分。

  • お問い合わせ03-6432-9385


    ※完全予約制とさせて頂いております。

    【診療費用のお支払いに関して】
    保険診療は現金のお取り扱いのみとなります。
    自費診療についてはクレジットカードでのお支払いをご利用頂けます。

    【当院での診療体制について】
    ・完全予約制とさせて頂いております。
    ・女性医師と女性スタッフによる対応予約が可能です。ご予約時にお申し出ください。
診療時間
-
-
【休診日 : 水曜日・日曜日・祝日】

… 土曜日午前診療9:30〜13:30まで

Translate »